ニコニコ動画のPSP変換方法、アニメ銀河英雄伝説の壁紙、CSSリファレンスなど、趣味に偏った情報を公開中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOYOTAナビオプション"iPod対応USB/VTRアダプター"レビュー - SONY WALKMANもつなげてみた

SONY WALKMANをTOYOTAナビオプション"iPod対応USB/VTRアダプター"につなげてみた感想。
TOYOTA iPod対応USB/VTRアダプター のページへ
このアダプターを取り付けたナビNHZD-W62Gのレビューはこちら
【セット内容】
・アダプタ本体(USB-Aメスと3極端子がいついているボックス)
・iPod用アダプタ(iPod専用端子⇔USB-Aメス+3極)
・USBメモリ用ケーブル(USB-Aオス⇔USB-Aメス)
・VTR用ケーブル(赤白黄のコンポジット⇔3極)
・取扱説明書
取り付け場所は、ディーラーさんと相談してください。

WALKMANをiPod対応USB/VTRアダプターにつなげてみた

① WALKMANが聞けるか?
聞ける。WALKMAN⇒ステレオの音声ケーブル⇒本体の3極端子 でつないだ。
② WALKMANをUSB充電できるか
できる。WALKMAN⇒WALKMAN用USBケーブル⇒本体のUSB-Aメス でつないだ。
①と②併用すれば、USB充電しながら音楽を聞くことができる。
上記webページにも「市販のケーブルを接続することで携帯電話などの給電も可能です。」と書いてあるのでUSB充電に対応している機器であれば充電できると考えられる。
③ WALKMANをナビから操作できるか?
できない。
当然ながら、つないでもipodのようにナビ画面から操作することはできない。
他社のWALKMAN対応しているナビなら可能。メーカーでは確かHONDAが対応してた気がする。
④ WALKMANがUSBデバイスとして認識されるか
されない。
WALKMANはPCではUSBメモリと同じように認識され、専用ソフトを介さずにエクスプローラ上でmusicフォルダに直接音楽ファイルを入れることができる。
ゆえにUSBメモリとして認識されればフォルダ直下に入れた音楽ファイルがナビのUSB画面で見れるのでは!?と考えたが、認識されなかった。残念。

USB機器をiPod対応USB/VTRアダプターにつなげてみた

① USBメモリ使えるか?
当然使える。そして、アナログ接続しかできないWALKMANより大音量で聞けます。
Webページ「USBフラッシュメモリーなどに保存した音楽データ(MP3/WMA/AAC)を再生することができます。」「AACはスマートナビのみ対応しています。」
なので私のナビはMP3とWMAが聞けます。MP3/WMAの対応ビットレートなど詳細はTOYOTAサイトから取扱説明書ダウンロードすると、最後のほうのページに書いてあります。神経質にならなくても大抵のファイルなら対応してます。
対応するUSBメモリ↓
対応クラスマスストレージクラス
ファイルシステムFAT16、32
対応USB Ver.USB1.1、2.0、3.0
最大ディレクトリ階層8階層
USBメモリに保存可能なフォルダ数512(ルート含む)
USBメモリに保存可能なファイル数3000
↑意味分からない人は、つまりほとんど対応してますってことです。最新のUSB3.0にも対応。
② USBハブ使えるか?
使える
Webには「※USBハードディスク、USBハブ、USBカードリーダーには対応していません。」て書いてありますが使えます。
注意点はUSBハブ使えるものの、2つ以上のUSB機器併用は不可能ということ。
接続機器のいずれか1つを認識します。なのでスイッチングハブで切り替えながら利用すると抜き差しする手間が省けて便利。私はWALKMAN、USBメモリ、携帯充電を切り替えて使ってます。
加えて本体のボックスをコンソール内につけた人は、底に近いため暗くて見づらいので、USBハブで延長するとラクです。でもコンソール内のほうが外から見てスッキリしていいですよ♪

NHZD-W62GがCDタグ読まなかったので重宝している。買っておいてよかった!!!
はじめはWALKMANのために買ったが、今は内臓HDD使わずこっちメインで使用。
15,750円(税込)は高いと思ったが、それだけの価値はあった。ディーラーオプションナビ買う人はオススメします!
スポンサーサイト

テーマ : トヨタ(TOYOTA)
ジャンル : 車・バイク

TOYOTAディーラーオプションナビNHZD-W62Gのレビュー

NHZD-W62G DENSO製のナビです。TOYOTA NHZD-W62Gページへ
DENSOといえば、各メーカーへのOEM供給。それが名前を出して売ってきたんだからと期待してみた。今まで社外ナビやメーカーオプションのマルチを使ってきた経験をもとに比較しています。オプションのiPod対応USB/VTRアダプターのレビューはこちら
とても良い機能は◎、まあまあな機能は○、イマイチは△、ダメダメは×で評価
ナビ操作
○)スクロール・フリック操作使える
 スマートフォンのように地図画面を指でスクロール・フリック操作することでスムーズに動かすことができる。通常は指でタッチした部分に焦点移動するだけで長距離スクロールには向かなかったので、便利な機能だと思う。同様にリスト画面でもスクロールできる。
 しかし走行中は操作できない。※昔ながらのタッチ移動なら可能。これははっきりいってもったいない!運転中だからこそすすばやい地図操作が求められるだろうに…。そこは制限する必要ないだろうよ
△)目的地探すまでのボタンアクションが多い
 メニュー>ナビ>目的地と3クリック必要だ。
 せめて1クリック減らせないのか?ナビとしてどうなんだ。
△)走行中画面操作が制限されている(当たり前)
 当然のことながら、走行中にフルで操作はできない。例えば目的地を探す、曲名変更など。
 基本的なオーディオ操作はできる。地図画面以外見れない~ってほど頭固くなくてよかった(-o-)=3
 しかし、スマホからナビの目的地設定や地図操作ができる♪

その他
◎)スマホ連携
 スマホ上でナビの地図やオーディオ操作ができる。スマホで探した目的地をナビに送ることができる。
 など便利機能が使える。
 しかしアプリが主にAndroid2.3以降対応なので、Android2.2の私はsmart G-BOOK ARPEGGiOしか使えない。
 まあ古いOSは仕方ないにしても、最新のAndroid4には対応してるんだろうか?持ってないので未評価。
△)画面のバックライトが車のライト連動
 最近の機種はセンサーや時間で自動的に輝度調整するのが一般的だろう。ライト連動は10年以上前のナビと同じだ。
オーディオ操作
◎)MP3など圧縮音楽ファイルの音質改善モードがある
 圧縮音楽ファイルの音質改善モード「圧縮音源復元」「Supre(高音域を補完)」がある。
 「ASL(車速に連動した音量調節)」もあり、信号で止まるとうるさいということは少なく感じる。
 surround設定もDVD以外にも使えるので良かった。
 また、中途半端なグライコでなくパライコにしたところは良かったと思う。
○)ステアリングスイッチでの早送り巻戻しができない
 個人的には△だが、人によって好みが分かれる部分なので○にしておいた。
 早送り巻戻しは、画面もしくは本体のトラックボタンを長押しするとできる。
 しかしステアリングスイッチのトラックボタンの長押しはフォルダの移動となる。
 もしかしたらスマホのオーディオ連携アプリな手元操作できるのか?未評価

 参考までに以前使用していたcarozzeria楽ナビのステアリングスイッチは円形デザインで、回転と上下左右のボタンでオーディオ操作できていた。どうせ丸いデザインならcarozzeriaみたいに作ればよかったのに…
×)CDタグ読み込まない
 はっきり言って、このナビ選んで一番後悔したのがコレ。
 CDに曲名やアーティスト名を入れても認識せず、録音してもアルバム名は録音日でトラック名はtrack1,track2…になってしまう。取扱説明書には「▶CD-TEXT機能は市販のCD-TEXT対応CDのみ表示されます。CD-RやCD-RWのCD-TEXTは表示されないことがあります。」とあるが、"こ・と・が・あ・り・ま・す"じゃなく完全にダメだったよ。いくつか規格試してみたけど読まなかった。社外ナビなら当然可能。  私はアルバムだと聞かない曲もあるので、自分でセレクトCDを作ってからナビに録音するタイプだ。
 音楽のダウンロード販売が増えている今、CD入れて録音するヤツなんて少ない。
 録音してから聴かない曲消すのは面倒。
 データベースは便利だが、最新CDの場合はいちいちSD経由でデータベース更新しないといけないので不便だと思う。
 こんな仕様ではせっかくの100GBHDDもムダだ!


総論:社外ナビと比べると機能は劣るが、メーカーオプションでマルチにするより良い。新車購入ならETC やバックカメラとセットでいいんじゃないか。…CDタグだけなんとかしてほしい。

テーマ : トヨタ(TOYOTA)
ジャンル : 車・バイク

2.NEC LifeTouchレビュー② LifeTouch noteとの比較

NEC LifeTouch と LifeTouch note との比較
違うところだけまとめてみた。

 LifeTouchLifeTouch note
本体の
カラー
ホワイトのみ3色
レッド、ブラウン、ブラック
CPU ARM Cortex™ A8
(600MHz~1GHz,Mobile DDR 384MB,1コア)
NVIDIA® Tegra™ 250
(1GHz,DDRは?,2コア)
サイズ 220x120x14mm/370g 234x138x25mm/723g or 699g
カメラ 300万画素200万画素
入力装置 キーボードなしキーボードあり
スピーカ ステレオモノラル
データ
ストレージ
5GB(内蔵1GB+SDHCメモリーカード4GB)16GB(内蔵8GB+SDHCメモリーカード8GB)
4GB(内蔵2GB+SDメモリーカード2GB)
Bluetooth
プロファイル
OPP/A2DP/AVRCP/SPP/HIDA2DP/AVRCP/OPP
オリジナル
アプリ
無線LAN簡易設定対応(WPS/らくらく無線スタート®)、ワイヤレス自動接続、nswPlayer Plus、手書き文字認識エンジン「楽ひら」、iWnn、タッチパネル調整 ライフノート、ATOK for LifeTouch NOTE、FontAvenue、お気に入りチェッカー、Evernote、andronavi、ウェブリメール for Android、ついっぷる for Android、CATALYST MOBILE® Reader、ワイヤレス自動接続、キーバインド変更機能、オンラインアップデート、SDカードアップデート、らくらく無線スタート

CPU性能やキーボードの有無、アプリの数はLifeTouch noteのほうに軍配が上がる。
しかし、Bluetoothプロファイル、スピーカー、カメラなどLifeTouchのほうが有利なものもある。なにより価格が安いということがポイントだ。

LifeTouch noteも十分お値打ち価格になっているが、上記を比較した上でよーく検討して欲しい。

----------------------------------
1.NEC LifeTouchレビュー① 性能、使用感編
2.NEC LifeTouchレビュー② LifeTouch noteとの比較 ←今ココ!
3.NEC LifeTouchレビュー③ USBキーボードをつなげてみた編

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

1.NEC LifeTouchレビュー① 性能、使用感編

 OSはAndroid2.1。これは最近のスマホと大して変わらない。一般販売しているタイプでは赤外線通信、3G通信はできない。
 どんなに安い端末でも、OSが一緒なら基本的な機能はみな一緒。端末による差が出るのは性能面である。

以下4つの点に注目してみた

1-1:タッチパネルの操作性

抵抗膜タッチパネル=感圧式のタッチパネルである。
基本的に付属のスタイラスで操作する。操作性は良好。不満はない。

(+)7インチとはいえ文字入力やネットでの細かい操作はスタイラスが便利
(+)感圧式だから爪でもフツウの手袋でもフォークでもするめいかでも操作できる。ゆえに画面保護シートは必須。

(-)マルチタッチに対応していない。(マルチタッチとはiPadなど指2本で拡大縮小したりするアレ)
 代替手段として、ネット時には画面タッチで拡大縮小ボタンが画面上に表示される。

1-2:グラフィック

CPU:ARX Cortex A8 DDR384MB
メモリ:1024GB
ディスプレイ:800×480 ノングレア

(+)ARX Cortex A8は携帯端末向けのシングルコアCPUである。スマホにも多く採用されている。通常利用に不満はないし、動画もストリーミングもコマ落ちしない。
 しかし最近のグラフィックに特化したNVIDIA TegraやデュアルコアCPUと比べると性能は落ちるかもしれない。

(-)7インチで解像度800×480とは低い。解像度は3.2インチの携帯電話並みである。それを7インチで見るのだから画質は少々荒い。
 ネットしたり文章を書いたりするには十分。私も創作サイトの小説を読んでみたが、見づらくもないしちゃんと読める。
 ただし、自炊して画像にした小説を読むには適さないだろう。
 動画も解像度が低いため鮮明とはいえない。
 画質を気にする人にはオススメできない。

(+-)液晶がノングレアなので電気の映りこみが少なく、目にやさしいが、色の発色が抑えられるためグレアと比べると暗く感じるだろう。
 輝度は最大にすると眩しいくらい。私は普段最低レベルで使用中。

1-3:バッテリーの持続時間

・仕様>「ホームページ閲覧最長8時間」
  ※画面の明るさ最終~3で無線LANの場合

・実際>朝8時くらいから10時と15時のお茶の時間と昼食の時間を除いてず~とネットをしていたら夕方16時頃には電池 残量20%になった。
  ※充電ほぼ満タンの状態から。画面明るさ最低レベル、無線LAN、GPSオフで使用した場合。

⇒ 結論>カタログスペック通り「ホームページ閲覧最長8時間」である。

1-4:USB機器との接続

 StandardAのUSBポートを使うには、別途接続機器のドライバ開発が必要と書いてあるがUSBキーボードが使えたので報告。便利だった。
 詳しい動作報告はコチラ ⇒ NEC LifeTouchレビュー③USBキーボードをつなげてみた編
----------------------------------
1.NEC LifeTouchレビュー① 性能、使用感編 ←今ココ!
2.NEC LifeTouchレビュー② LifeTouch noteとの比較
3.NEC LifeTouchレビュー③ USBキーボードをつなげてみた編

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

3.NEC LifeTouchレビュー③USBキーボードをつなげてみた編

NEC LifeTouchにUSBキーボードをつなげてみたので実験結果公開!

Lifetouch(D000-000001-S01)にはフルサイズのUSBポートホスト機能つき)がついているので、わざわざホストになるUSBケーブルを買ったりmicroUSB変換ケーブルを買う必要はなく、家にあるUSBキーボードをそのまま繋いで使えるハズ(理論上は)
そこでドスパラPCについてきたUSB接続のフルキーボードをつなげてみたら認識した!

以下、詳しい認識内容
【全角半角の切り替え】
・Shift + Space で「あ」と「A」を切り替えられる。
・半角全角キー、ひらがなローマ字キー、変換キーなどは使えない。

【数字入力】
・テンキーではなくキーボード上部の数字キーを使う必要がある。
・Numlockが反応しないため、フルキーボードのテンキーを押すとカーソルキーやHomeキーなどとして入力され、数字にならない。

【文字入力】
・Aの入力モードの時にはShiftをおすと大文字になり、もう一度Shift をおすと小文字に戻る。またはShiftを押しながら打つと大文字になる。これらは気まぐれで変化した。
・BackSpaceは使えた。
・()が「9」「0」キーだったり、=が「へ」キーだったり若干ずれているので、キー配列ごとに違うのだろう。

【その他】
・キーボード入力の速さに時々androidがついてこない。
・カーソルキーは認識したが、Deleteキーなどは認識しない。
・Endキーを押したらスタンバイになってしまったので注意が必要だろう。
・Homeキーをおすとアンドロイドのホームに戻る。

無論USBキーボード利用中もandroidのソフトキーボードは使用出来る。
急にメモ代わりに長文打ちたくなったときに使える。この文章も実際usbキーボードを使用してメモ帳アプリに書き込んだものである。
おそらくつなげるキーボードによって使用方法は変わると思う。色々実験してみてほしい。

ちなみにこのLifeTouchはBluetoothHIDプロファイルにも対応しているので、Bluetoothキーボードを持っている人は使える。

----------------------------------
1.NEC LifeTouchレビュー① 性能、使用感編
2.NEC LifeTouchレビュー② LifeTouch noteとの比較
3.NEC LifeTouchレビュー③ USBキーボードをつなげてみた編 ←今ココ!

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

メニュー

以下はクリックすると、下位メニューに飛びます。

↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ----------------------------
メニューにない記事はサイトマップへ
カテゴリー
プロフィール

みやま

Author:みやま

地域ブランド力 45位の茨城県在住
20代/女
  • ガンダムと攻殻機動隊と銀河英雄伝説が大好きだ
  • 士郎正宗の描く尻は素晴らしいと思う
--------------------
近況報告、更新情報などツイートしていく予定です。
ツイッターへのリンク@miyama_tweet

リンク
↓バナーとHTMLタグ↓

<a href="http://gogosanzi.blog46.fc2.com/" target="_blank" title="AGPP~趣味に偏った情報を公開"><img src="https://blog-imgs-37.fc2.com/g/o/g/gogosanzi/agpp-bunner.jpg" alt="agpp-bunner" border="0" width="200" height="40"></a>
    ↓登録させていただきました↓
  • loghsearch
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
 
  
AGPP TOP > カテゴリー [レビュー ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。