ニコニコ動画のPSP変換方法、アニメ銀河英雄伝説の壁紙、CSSリファレンスなど、趣味に偏った情報を公開中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.NEC LifeTouchレビュー① 性能、使用感編

 OSはAndroid2.1。これは最近のスマホと大して変わらない。一般販売しているタイプでは赤外線通信、3G通信はできない。
 どんなに安い端末でも、OSが一緒なら基本的な機能はみな一緒。端末による差が出るのは性能面である。

以下4つの点に注目してみた

1-1:タッチパネルの操作性

抵抗膜タッチパネル=感圧式のタッチパネルである。
基本的に付属のスタイラスで操作する。操作性は良好。不満はない。

(+)7インチとはいえ文字入力やネットでの細かい操作はスタイラスが便利
(+)感圧式だから爪でもフツウの手袋でもフォークでもするめいかでも操作できる。ゆえに画面保護シートは必須。

(-)マルチタッチに対応していない。(マルチタッチとはiPadなど指2本で拡大縮小したりするアレ)
 代替手段として、ネット時には画面タッチで拡大縮小ボタンが画面上に表示される。

1-2:グラフィック

CPU:ARX Cortex A8 DDR384MB
メモリ:1024GB
ディスプレイ:800×480 ノングレア

(+)ARX Cortex A8は携帯端末向けのシングルコアCPUである。スマホにも多く採用されている。通常利用に不満はないし、動画もストリーミングもコマ落ちしない。
 しかし最近のグラフィックに特化したNVIDIA TegraやデュアルコアCPUと比べると性能は落ちるかもしれない。

(-)7インチで解像度800×480とは低い。解像度は3.2インチの携帯電話並みである。それを7インチで見るのだから画質は少々荒い。
 ネットしたり文章を書いたりするには十分。私も創作サイトの小説を読んでみたが、見づらくもないしちゃんと読める。
 ただし、自炊して画像にした小説を読むには適さないだろう。
 動画も解像度が低いため鮮明とはいえない。
 画質を気にする人にはオススメできない。

(+-)液晶がノングレアなので電気の映りこみが少なく、目にやさしいが、色の発色が抑えられるためグレアと比べると暗く感じるだろう。
 輝度は最大にすると眩しいくらい。私は普段最低レベルで使用中。

1-3:バッテリーの持続時間

・仕様>「ホームページ閲覧最長8時間」
  ※画面の明るさ最終~3で無線LANの場合

・実際>朝8時くらいから10時と15時のお茶の時間と昼食の時間を除いてず~とネットをしていたら夕方16時頃には電池 残量20%になった。
  ※充電ほぼ満タンの状態から。画面明るさ最低レベル、無線LAN、GPSオフで使用した場合。

⇒ 結論>カタログスペック通り「ホームページ閲覧最長8時間」である。

1-4:USB機器との接続

 StandardAのUSBポートを使うには、別途接続機器のドライバ開発が必要と書いてあるがUSBキーボードが使えたので報告。便利だった。
 詳しい動作報告はコチラ ⇒ NEC LifeTouchレビュー③USBキーボードをつなげてみた編
----------------------------------
1.NEC LifeTouchレビュー① 性能、使用感編 ←今ココ!
2.NEC LifeTouchレビュー② LifeTouch noteとの比較
3.NEC LifeTouchレビュー③ USBキーボードをつなげてみた編
スポンサーサイト

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

3.NEC LifeTouchレビュー③USBキーボードをつなげてみた編

NEC LifeTouchにUSBキーボードをつなげてみたので実験結果公開!

Lifetouch(D000-000001-S01)にはフルサイズのUSBポートホスト機能つき)がついているので、わざわざホストになるUSBケーブルを買ったりmicroUSB変換ケーブルを買う必要はなく、家にあるUSBキーボードをそのまま繋いで使えるハズ(理論上は)
そこでドスパラPCについてきたUSB接続のフルキーボードをつなげてみたら認識した!

以下、詳しい認識内容
【全角半角の切り替え】
・Shift + Space で「あ」と「A」を切り替えられる。
・半角全角キー、ひらがなローマ字キー、変換キーなどは使えない。

【数字入力】
・テンキーではなくキーボード上部の数字キーを使う必要がある。
・Numlockが反応しないため、フルキーボードのテンキーを押すとカーソルキーやHomeキーなどとして入力され、数字にならない。

【文字入力】
・Aの入力モードの時にはShiftをおすと大文字になり、もう一度Shift をおすと小文字に戻る。またはShiftを押しながら打つと大文字になる。これらは気まぐれで変化した。
・BackSpaceは使えた。
・()が「9」「0」キーだったり、=が「へ」キーだったり若干ずれているので、キー配列ごとに違うのだろう。

【その他】
・キーボード入力の速さに時々androidがついてこない。
・カーソルキーは認識したが、Deleteキーなどは認識しない。
・Endキーを押したらスタンバイになってしまったので注意が必要だろう。
・Homeキーをおすとアンドロイドのホームに戻る。

無論USBキーボード利用中もandroidのソフトキーボードは使用出来る。
急にメモ代わりに長文打ちたくなったときに使える。この文章も実際usbキーボードを使用してメモ帳アプリに書き込んだものである。
おそらくつなげるキーボードによって使用方法は変わると思う。色々実験してみてほしい。

ちなみにこのLifeTouchはBluetoothHIDプロファイルにも対応しているので、Bluetoothキーボードを持っている人は使える。

----------------------------------
1.NEC LifeTouchレビュー① 性能、使用感編
2.NEC LifeTouchレビュー② LifeTouch noteとの比較
3.NEC LifeTouchレビュー③ USBキーボードをつなげてみた編 ←今ココ!

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

NEC LifeTouch D000-000001-S01 (抵抗膜タッチパネル)のレビュー

LifeTouchNECがビジネス向けに開発したストレートタイプのアンドロイドタブレット端末である。
NEC LifeTouch 型番D000-000001-S01 (抵抗膜タッチパネル)が最近大手家電量販店でも売られるようになってきた。9000円で買った私が言えることではないが、量販店価格14000円でも十分安い。
この投売り状態がかわいそうになってきたためレビューを挙げてみる。

以下公式サイトリンク
LifeTouch
LifeTouch(抵抗膜タッチパネル)の仕様

3回に分けてNEC LifeTouchをレビューしていく
1.NEC LifeTouchレビュー① 性能、使用感編
2.NEC LifeTouchレビュー② LifeTouch noteとの比較
3.NEC LifeTouchレビュー③ USBキーボードをつなげてみた編

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

メニュー

以下はクリックすると、下位メニューに飛びます。

↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ↑TOP ----------------------------
メニューにない記事はサイトマップへ
カテゴリー
プロフィール

みやま

Author:みやま

地域ブランド力 45位の茨城県在住
20代/女
  • ガンダムと攻殻機動隊と銀河英雄伝説が大好きだ
  • 士郎正宗の描く尻は素晴らしいと思う
--------------------
近況報告、更新情報などツイートしていく予定です。
ツイッターへのリンク@miyama_tweet

リンク
↓バナーとHTMLタグ↓

<a href="http://gogosanzi.blog46.fc2.com/" target="_blank" title="AGPP~趣味に偏った情報を公開"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/g/o/g/gogosanzi/agpp-bunner.jpg" alt="agpp-bunner" border="0" width="200" height="40"></a>
    ↓登録させていただきました↓
  • loghsearch
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
 
  
AGPP TOP > 月別アーカイブ [ 2012年03月 ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。